設備事故
製品を安全にご使用いただくためには、適切な取扱い及びメンテナンスが重要です。誤った機械の操作やメンテナンスは、機械の損傷や人身事故の原因となります。
医療用機器事故、工場設備事故、家庭用設備事故等の実情に即した原因調査や損害査定や技術鑑定をいたします。

鑑定事例

事例 鑑定内容
ペンション自動扉損傷原因 自動扉の作動不良を上階からの水漏れ原因との主張に対し、過去の記録や不具合状況から電気系統に過電流が流れブレーカが作動したと結論。
設備事故原因 石油スタンド貯蔵タンクの漏れの被害鑑定。
医療用機器 人工呼吸器の誤動作による急患者の傷害原因(ノイズ) を解明。
医療用機器 数年間倉庫保管されていた医療機器の保守部品の健全性を評価。
医療用機器 X線発生用マグネトロンの損傷原因鑑定。
乗用車塗装特殊処理後の不具合 新車時のガラスコーティングにおける塗膜膨れの要因鑑定。
自動扉の事故 ペンションの自動ドア不具合の原因が、過去の階上の洗面所の漏水事故が原因であるか否かの鑑定。ペンションの自動ドアが故障し、先行して発生していた階上の洗面所の漏水事故が原因とされていたが、写真証拠にその事実はなく、配線不良による短絡痕を発見した。
UVフロアコーティング施工効果 リフォーム時の下地処理や塗装間隔などの施工ミスに対する鑑定。
屋根の塗膜剥がれ原因 豪雪地帯でのリフォーム時の湿分残留による塗膜の層間剥離現象の鑑定。
建物火災による後遺障害の予測 竣工直前のクリーンルームで火災が発生した。金額が大きく、当方に査定を依頼して来た。受領資料により判断した。
コインパーキング補修 コインパーキングでの操作ミスで燃料タンクを破損した原因原因と損害との因果関係と補修費用の妥当性の鑑定。漏油によりストッパ機器と埋設配線の損傷の申告されたが、発生の可能性を否定した。
廃棄物処理バグフィルタ故障解析 運転記録を確認、損傷が発生する理由が不明確であることを確認。
ヒートシンク塗装不具合 通信機器の放熱用アルミフィンへの塗膜剥がれの原因鑑定。
焼却炉煙突急速腐食 焼却炉煙突急速腐食の原因の鑑定。焼却炉煙突の寿命は5年内外である。本件は特に重要である溶接工事が杜撰であったことが短寿命の原因である。
焼結排ガス脱硫装置 日本メーカーが納入したが、稼働直後に故障。工事保険に入っていたので工事保険での補償範囲を算定した。
PCB処理施設のPCB漏洩事故 PCB処理施設のPCB漏洩事故の原因の鑑定。事故の直接原因については詳細な報告があり、報告は正しい。事故のバック・アップの工事が杜撰。
輸液ポンプの不具合 輸液ポンプの内部薬液汚損等の不具合原因の鑑定。医療機器の故障原因として、調査の結果医薬品添付文書の赤字【禁忌・禁止】事項の違反を指摘。
内装工事の配管破断 内装工事の配管破断原因の鑑定。レストランの漏水で高級婦人服店に被害発生。配管エルボのウエルド起点疲労破損と鑑定。
大型バルブのピッチング 洋上試運転後の分解調査で超大型タンカーの機械部品150台全てに、錆及び表面欠陥が発見されたと言う理由で訴えられた裁判鑑定。全部品に関し提供された精密写真を全点精査し原因とされた塗装不良は無く、表面欠陥も誤認と指摘し不良は無いと結論つけた。
市街化調整区域内で操業の産廃焼却炉性能 現場・現物調査により環境基準に抵触する性能の焼却炉の実態を明らかにし焼却炉の性能を推定。
太陽熱温水器への落雷事故 家庭用太陽熱ヒートポンプ式温水器に落雷し全損した。現物確認の上全損の判断の妥当性評価と原因としての落雷の因果関係の確認の鑑定。事故品は業者が廃棄した。調査の結果申告時前後に落雷実績は無く事故内容から部品交換で対応可とした。
熱交換器事故 飲料製造ラインのプレート式熱交換器(加熱器)の部品交換後細菌が増殖して損害が発生した。補修用に発注し組み立てた部品が異品であり、熱媒の流路が確保できす殺菌工程が十分機能していなかったことが判明した。誤部品交換の因果関係の鑑定。
水漏れ携帯電話事故 スプリンクラー破損で水濡れ。在庫携帯電話の水濡れの程度も様々であり、使用可否、総合的な技術鑑定により、損害認定した。
排水管の破損事故 改装約1年後のレストランで漏水事故が発生し下階の店舗の商品に被害が発生した。排水管の塩化ビニル製エルボが破断していた。破断面を観察するとウエルドを起点とした疲労パターンが見られた。配管の部品不良と判定。
へこみ疵の生成原因 家庭内暴力行為(DV)でノートパソコン等が投げつけられて、壁面に衝突によって生じたへこみ疵について、その生成原因を特定する鑑定。
トラッククレーン吊荷落下原因 トラッククレーンを用いて重量約2トンの荷を降ろす作業において,2メートルの高さまで降りてきたとき突然自由落下に近い急降下をおこして地上に激突破損した事故鑑定。
扉の破損原因 建物の鋼製扉のピボットが破損した。この破損原因の鑑定。
化学プラントの停止事故 CO製造プラントが水素圧縮機の故障を起点として休止事故を起こし、またCOを提供する隣の会社の操業も止めてしまった。この事故の原因・対策・再起動の状況・生産への影響範囲等を調査。
内装工事事故 内装壁に取り付ける「ローズウッドつき板」が内装工事終了後収縮し、板と板の継目が広がってしまった。この「つき板」の収縮原因の再現テストを行い原因究明の鑑定。つき板には空気の乾燥湿潤により遷移直交方向に大きく収縮する。しかも下地に対し粘着剤で貼付していた為、繰り返しの収縮により隙間が拡大したと結論した。
給湯配管バルブ損傷 給湯配管バルブ損傷により大量の温湯が漏れた。この事故の原因の鑑定。
ボイラー給水管破損事故 CO製造プラントのボイラ給水配管が破損し、蒸気供給が不能となった。この事故の原因・対策・再起動の状況・生産への影響範囲等を調査。
電解槽過電流トリップ 食塩水を電気分解して苛性ソーダを製造する電解槽に電流異常が発生したため、停止して点検したところ、電解槽間を接続するリード線が断線していた。この事故原因が電気的事故であるかを鑑定。
半導体製造装置の損傷 半導体工場の圧縮空気中に水分が混入した原因の調査と半導体製造装置の損傷調査。
フルイドスイベル漏洩事故 重油タンカー配管を海底で回転自由で接続するフルイドスイベルから極微量の原油漏洩があった。現時点での事故状況、原因の鑑定。
CTスキャナー制御不具合 CTスキャニング装置の部品が故障し、保険請求があった。故障原因を鑑定して、損害額を鑑定。
タンク破損事故 全停電事故が発生したときに、MDI(ジフェニルメタンジイソシアネート)製造プラント内の粗MDIタンクが爆発した。この事故の原因・対策等を調査。
スプリンクラー設備における誤動作 スプリンクラー設備が誤動作し、体育館床全面が水浸しとなってしまった。誤動作事故が火災等の外的要因によるものか、点検工事と関連した内的な原因によるものかについての見解書を作成し、合わせて誤動作原因の推定。
パラキシレン火災事故 パラキシレンプラント火災事故の製造装置内のデヘプタナイザ用ポンプ火災の原因の鑑定。
陰極管使用ゲーム機発火 盤面照明灯用例陰極管リード線接続部から出火発煙した事故の原因調査及び調査機関の調査報告の評価。
トレーニング機不具合 ハンドルを押して腹筋を鍛える機器で、ハンドルを押した状態で手を放したら額に当たり負傷した。人に対してどの程度危険なレベルかを鑑定。
フランジ配管継ぎ手部漏洩 熱交換器入口配管のフランジ継ぎ手部から蒸気が漏えいしたため、運転継続が困難となり、水素製造プラントの停止に追い込まれた。この事故の原因・対策等を調査。
人工透析機の不具合 医療用人工透析機の不具合の鑑定。
ポンプ損傷事故 温泉用水中ポンプの故障原因と故障部品取り替え費用の鑑定。
化学プラント爆発事故 化学工場の爆発事故原因の鑑定。
炭酸ガス液化圧縮機 炭酸ガス液化圧縮機のシリンダーに焼付きが発生。原因と責任の鑑定。
海底送水管損傷 島へ水道水を送水する鉄線鎧装ポリエチレン配管に漏れが発生した。送水管の鎧装が腐食してポリエチレン管がむき出しになって海底から離れて浮いている状態になっていた。原因鑑定。
高周波用水冷コイルの漏水 高周波金属溶解炉コイルに穴が空いて水漏れの原因鑑定。
ボイラー・ポンプ破損 使用中のボイラー用ポンプが破損した。水漏れによる被害が大きく、この破損の原因の鑑定.
高圧蒸気の漏洩事故 ボイラーおよびタービンで高圧蒸気の漏洩事故の原因究明・対策等の鑑定。
ドルフィン損傷 船泊繋留ドルフィンにパナマックスの船舶が衝突し、被害が出た。この衝突と被害の関係の鑑定。
石灯籠倒壊事故 神社境内の石灯籠に男児が飛び移った瞬間に石灯籠が崩れ、男児が右足に重傷を負った。本件事故のメカニズムの解明の鑑定。
給水管凍結事故 ホテル建屋における給水管凍結破裂事故である。厳冬期に改修工事に向け長期間無人にしたため、配管残水が凍結し、配管が破裂した。気象状況、ホテルの営業状態、水質、配管材質等について調査鑑定を行った。
プラスチック粉砕機の故障 取出し機の故障は一流メーカのサービス費用であるが原因と処置の因果関係は無責とした。粉砕機の不具合は回転刃の破損であり、作業員の過失による工具の誤投入は故意性はないと考えられ保険金支払いを認めた。
放射線量検知装置の復旧費用 放射線検出装置の筐体に搬入車両が接触する事故が発生した。相手側との打ち合わせや現調を行い損傷部分は、事故による性能上の損害はなく、劣化も他に比べ少ないことが判り、事故による検出装置の交換は不要と結論した。
特高受電変圧器事故 トランスの焼損事故の原因特定は、非常に難しいので、多大な費用が発生するが実際の実験が必要であるとの鑑定。
通信ケーブル破断事故 ケーブルコネクタの破損が雷による原因であるかの鑑定であったが、雷による破損で無いことを鑑定した。ケーブルの導通や内部基板の動作確認や破断面のSEM分析やコネクタボックスの腐食調査から、結論を導き出した。

参考資料

ページTOPへ