製造物責任
「製造物責任法」以下PL(product liability)とは、企業が製造した製品の「欠陥」によって第三者の身体・財物に損害が発生した場合、その損害に対して、賠償責任を負うことを言います。
商品(製造物)に欠陥(瑕疵)があるため、消費者、利用者等が損害を被ったときに製造業者等に賠償責任を負わせようとするのが「製造物責任」です。「製造物の欠陥」 を立証することで足りるようになり、・損害の発生・当該製品の欠陥 ・欠陥と損害との因果関係等を鑑定します。

鑑定事例

事例 鑑定内容
製造物責任 乳製品の汚染と異品を組み込まれた製造設備の因果関係を解明。
製造物責任 製造依頼した模造品がサンプル通りにできない場合の責任所在。
使用者責任 冷凍機の熱交換部銅管腐食事故の原因解明(防食剤の濃度管理)
使用者責任 リースした水タンクを対策し、塩酸を使用して発生した事故の責任。
ペットフード製造機による人身事故 攪拌機上部の蓋を開けるとリミットスイッチが作動して停止する安全装置があるが、内部に手を差し込んだときに機械が停止せず、内部の押出スクリューで右手指3本を切断。技術的意見書を提出。
大型トレーラ・トラクタのブレーキ信頼性不足 車両総重量90トンの連結車に発生するブレーキの効き不良。現象の再現および物理的・客観的記録表現が必須であるが、方法を提案するも実施にはリスクや費用を要する。トラクタは連結の責任は取れないと主張。法的な責任所在論であろうが、製造物の責任面からはメーカーの善意が欲しい。

参考資料

ページTOPへ