火災、爆発や、ガス中毒、雷被害など、重大災害に発展する可能性が高いものです。例え今回の事故が幸いにして小規模であったとしても、今後の対策のために鑑定をお勧めします。まして大規模であったら…。

鑑定事例

事例 鑑定内容
建物火災 火元に不審な点がある家屋火災の原因鑑定 各種
建物火災 全焼家屋の火災性状 (燃焼温度、燃焼時間) の解析
空調機破損原因 圧縮機の潤滑油減少劣化し、クランク機構が破損し過負荷、電動機・配線系統が過負荷・損傷し電磁開閉器がトラッキング現象と連鎖し台盤が炎上
設備火災 空気圧縮機爆発原因の鑑定
設備火災 電子制御機器火災原因の鑑定 (NC工作機械,熱帯魚水槽温度コントローラ, 事務所電話交換機のプリント基板等の電子回路からの出火など)
設備火災

業務用電機出火原因の鑑定
(空調機,照明式看板, 電気配線接続工事箇所からの出火など)

設備火災

家庭用電気・ガス器具出火原因の鑑定
(冷蔵庫,冷暖房機,ガス器具などからの出火)

雷事故

雷事故による受電設備被害の査定、雷事故で損傷した空調機の改修方法の査定など

トレーラトラクタのエンジンルーム火災 購入後4日目、荷物を運搬中に火災が発生した。メーカーからはタバコの火がエアクリーナーに入った可能性がある旨の報告書が来ているが、中立機関による公正な鑑定。メーカーの推定原因に疑問を持ったユーザーに依頼されたトラック火災の原因調査。原因はオイル漏れと鑑定した。
コピー機の出火 コピー機内部の燃焼よりもコピー機外部における燃焼が強力であったことを主張した結果、見分の結論となった。
木材破砕機の出火原因 伐採木枝や抜根などを破砕していた木材破砕機が稼働中に出火焼損した。出火の原因と火災拡大の機序に関し鑑定。自走式破砕機の電気回路を修理した午後に火災が発生。実機を見分した結果、出火場所は特定できたが、消防等の証拠移動等で原因特定まで至らない。
セメントプラントの電気火災 受配電設備の天井下ケーブルラックから火災が発生した。そのため製造プロセスが停止し、物損と共に営業損も発生した。原因の鑑定。ケーブルの突発的過電流による火災との被保険者見解に対してケーブル端子の水没による遮蔽銅テープの腐食破談と鑑定した。
除雪車火災 除雪車が作業開始後出火した原因の鑑定。除雪車が作業開始後出火した。事故者見分の結果、潤滑不良の摺動部が過熱し、強度低下により破断し、結果破断させた油圧配管の作動油に着火したと鑑定。
ビル火災でPC火災原因 複数の機器(ディスプレイ、PC、プリンタ)の中のPCのバッテリーが出火原因かの鑑定。
給湯器の火災原因解明 仕込中の居酒屋の厨房の給湯器から出火。保護機能の不全が2系統の安全装置の競合不良を指摘した。
工作機械出火 自動消火装置付きにも係わらずNC旋盤がなぜ焼損したかのか。その原因は思わぬところにあった。
31.5万kW発電機冷却回路リーク事故 事故原因についてメーカーと議論中。質問書提出後1.5年を経て回答あり、今後なお議論の要あり。
100kVA発電機からの発煙事故 100kVA性能試験用発電機が無負荷状態で回転していて本機の発煙事故の原因の鑑定。当該発電機は補助用のため35年間メインテナンス不足。劣化と埃やブラシ粉が蓄積、固まりによる絶縁物損傷が原因。
自動車変速機破損 走行中に変速機内部主要部品が破損したことに伴う小火の機序鑑定。潤滑油の性状には専門分析機関を起用。
エンジン始動回路部品損傷機序 利便性を高める目的の自動車用市販改造部品キットの損傷原因を多角的に解析鑑定。
モータ焼損の火災判定 射出成型機のモータ立ち上げ時の火災が絶縁劣化によるレアショート(相関短絡)かの鑑定。射出成型機のモータ立ち上げ時の火災。メーカー調査の結果は層間短絡という。精査の結果追認。
大型連結車の火災事故 大型連結車のけん引車エンジン室から出火した火災原因の鑑定。大型連結車のけん引車エンジン室から出火した火災原因を実験結果から解析。対抗意見を否定。
レントゲン車火災 DPF後付け車両の走行中の火災。施工ミスとメーカの設計ミスを指摘。数回の弁論準備に参加。
特種車の出火 電話用空中線のメンテナンス作業中に出火し、エンジンルーム及び運転席をほぼ焼失した火災物件事故の出火原因の鑑定。架装部油圧耐圧ホースの定期交換不履行により劣化部から作動油が漏出、近接排気管高熱に触れ出火と判定。

参考情報

  1. 新火災調査教本 全8巻 財)東京防災指導協会
  2. NITE:家電製品の発火事故原因究明マニュアル
  3. 火災調査探検団 東京消防庁 火災調査wikipedia
  4. 落雷情報:フランクリンジャパン *落雷証明書 *雷の基礎知識
  5. 気象庁データ:*各種データ・資料
ページTOPへ